バイクのガソリンタンクの錆び取りメンテナンス

バイクのガソリンタンクサビ

バイクタンクのサビ、メンテナンスとして長い間乗らせずに放置されていたバイクなのでまずタンクキャップの鍵が廻らず開けなれない始末でした!鍵穴に潤滑剤を時間を置き充 分に入れ、キー鍵が壊れないよう注意して稼働をくりかれしました。タンク内部はとても酷い事になっていました。今回の作業は取りあえずガソリンが入れられる様にとの最低の条件で費用もありませんでしたので下記ビデを画像までです。だいぶ良くなりましたが本来まだあと一度は錆取り洗浄をして出来ればコーティングを!

http://bikeservice.tokyo/wp-content/uploads/2019/05/VID_20190417_135009.3gp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です